綺麗に 元気に 無理なく 楽しい eヘルシーカレンダー 毎月1日更新 Powered by 東京カレンダー vol60

社長に訊く 日本を元気にする会社

フジッコ 代表取締役社長
福井 正一

創業理念を社員と共有し、団結力をもって挑戦する。
伝統食のように真面目で地道な企業風土が強みです。

加圧トレーニングと野菜中心の朝食で健康生活を維持。
コンディションも万全に、今年は神戸マラソンに挑戦します。

昆布の佃煮、煮豆でおなじみのフジッコは、昆布の加工会社「富士昆布」として1960年に創業。50周年の節目を迎えた2010年、感謝と決意を胸に社名の由来となった富士登山に挑戦したというフジッコ代表取締役社長・福井正一氏。バイタリティに溢れ、チャレンジ精神旺盛な福井社長に会社の元気の秘訣とご自身の健康についてお話を聞くため、兵庫県神戸市のフジッコの本社を訪問した。

「創業当初より日本の伝統的食材である昆布や豆の良さを生かし、デザート、ヨーグルトへと事業を展開してきました。食事のバランスがくずれていると言われる現代。食で健康を維持するだけでなく、ますます元気になれるよう、素材の良さ、無添加保存技術にこだわり、おいしさを大切にしながら食の安全、安心を追求しています」

健康は食で守れるとの考えに基づき、“食よく、バランスよく。”とのポリシーを掲げる同社。何より家庭の味を大切にしている。

「わが社には“自分の娘や息子には安心・安全なものを食べさせたい”という強い信念があり、昭和40年代から食品添加物は一切入れないよう努めてきました。母親が作る料理には思いやりや真心、愛情が込められています。食卓を囲むことは家族の幸せですから、出来る限り家庭に近い味を提供したいと思っています」

今年から現場に積極的に出向き、社員の声に耳を傾けているという福井社長。一度やると決めたら、スピード感をもって潜在能力を発揮する。トップがやる気になった時は強いと、穏やかな表情に自信を伺わせる。

「社員とコミュニケーションを図りながら創業理念を共有し、問題点、解決策を共に話し合っています。緊張しているようですが、若い社員の方が肝が据わっており、思っていることをはっきり言ってくれます(笑)。手応えとまでは言わないまでも、分かり合えたのではという感はあります。今は言われたことだけやっていればいい世の中ではありません。これからは自分で考え、動き、チャレンジすることが大切。失敗しても、そこから成功の糸口を見つければいい。会社が成長するには、ひとりひとりがエンジンをもってもらわないと。真面目で地道な社風は継承しているので、挑戦する人間を増やしていきたいですね」

多くの従業員の先頭に立つトップとして、福井氏は社員の健康にも配慮を欠かさない。

「当社は食で健康を唱える会社ですし、常に健康に対する意識づけを心掛けています。生活習慣病が増えている現代。食と同じくらい、体を動かすことも大事です。全社をあげて運動することは難しくても、有志が集まり登山などのスポーツに取り組んでいます。私も2年前にはじまった神戸マラソンに、今年はチャレンジする予定です。スポーツは好きですが、走るのは苦手。とはいえ、当社の目の前がゴール地点ですからね。参加しないわけにはいきません(笑)」

フルマラソンに挑戦する強い気力が生まれたのも、2年前にはじめた加圧トレーニングから。健康的な食生活も、福井氏のモチベーションを支えている。

「筋力が弱り、肩や腰、首の辛い痛みに悩まされていましたが、毎回1時間程度、週1〜2回通ううちに改善されました。食生活では朝食が特に健康的ですね。野菜中心で、付け合せのような量ではなくメインディッシュのようにたっぷりといただきます。『カスピ海ヨーグルト』も欠かさず摂るので、お腹の調子が良くなりました。腸は非常に大事。健康や見た目年齢にも影響するようです」

健全な心身を保ち、会社を元気にする福井氏の展望とは?

「大切なのは中身のある成長。社員の生活を向上させるよう努力していきたいですね。今後は美味しさと健康を追求するOKAZUカンパニーを目指します」

PRESIDENT

Masakazu Fukui
福井 正一

1962年9月11日生まれ、兵庫県出身。1991年3月、東北大学大学院農学研究科修士課程を修了後、同年4月に花王(株)に入社。1995年4月、フジッコ(株)に入社する。1996年に企画本部情報システム室長に就任し、同年、取締役となる。営業本部東日本営業推進室長、開発本部長兼商品開発部長等を経て、2004年に代表取締役社長に就任。社是に「創造一路(そうぞうひとすじ)」を掲げ、フジッコグループ全従業員2306名を率いる。

COMPANY

昆布や豆など伝統食の知恵を活かして、食で健康に。
「新・日本型食生活」を提唱し、日本の食文化を継承。

2010年11月に創業50周年を迎えたフジッコ。日本の伝統的食材にこだわり続け、発売から37年愛され続けるベストセラー「おまめさん」をはじめ、伝統食の佃煮で豊富な種類を展開する「ふじっ子煮」、多品目を活かした常備できる惣菜「おかず畑」などバランス応援おかずで現代の食卓を支えている。また、生きて大腸まで乳酸菌が届く「カスピ海ヨーグルト」をはじめとする美味しさと健康を両立させた商品で現代社会のニーズに応えるだけでなく、国産原料にこだわった安心・安全なワインを手掛けるなど多様な事業も展開。伝統的な日本食の良さや現代人の生活や嗜好に合わせておいしく提案する「新・日本型食生活」を提唱し、日本の食文化を継承するさまざまな活動も行っている。

PDF版はコチラ
TOP