うなぎのかば焼入りミルク卵焼き

181 kcal(1人分)|日本|15分以下

うなぎのかば焼入りミルク卵焼き

movie

材料(2人分)

うなぎ,かば焼 40 g
A 小さじ 1/2
Aうなぎのたれ 小さじ 1/2
2 個
かぶの葉 20 g
万能ねぎ(細かく刻んだもの) 6 g
B牛乳 大さじ 1
Bみりん 大さじ 1/2
適量
大根(皮つき) 60 g
醤油 小さじ 1/2

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

電子レンジの加熱時間は、600Wで加熱した場合の目安です。ワット数が異なる電子レンジをお使いの場合、加熱時間は様子を見ながら加減してください。

作り方

  1. うなぎのかば焼入りミルク卵焼き再生
    1

    うなぎは5mm角に切って耐熱容器に入れ、Aを振って電子レンジで約20秒加熱する(加熱時間は2人分の目安)。かぶの葉は刻む。

  2. うなぎのかば焼入りミルク卵焼き再生
    2

    ボウルに卵を溶きほぐし、Bを加えて混ぜる。1と万能ねぎを加えて混ぜる。

  3. うなぎのかば焼入りミルク卵焼き再生
    3

    フライパンに油を中火でなじませ、2の1/3量を細長く流す。奥から手前へ巻き、奥へ寄せる。これを繰り返して焼き上げ、アルミホイルに包んで落ち着かせる。

  4. うなぎのかば焼入りミルク卵焼き再生
    4

    大根は皮ごとすりおろして水けをきる。3を食べやすい大きさに切って盛りつけ、大根おろしを添えて醤油をかける。

ワンポイントアドバイス
卵焼きは、朝食やお弁当としても作りやすい料理なので、カルシウムをアップさせる具材を加えるとよいでしょう。刻んだうなぎ、ゆでた青菜、しらす干しを加えたり、だしの代わりに牛乳を使うなど、ちょっとした工夫でカルシウム量を増やすことができます。

栄養価

エネルギー量 181 kcal
炭水化物 5.7 g
カルシウム 99 mg
食塩相当量 0.70 g
ビタミンE 2.3 mg
ビタミンB6 0.10 mg
コレステロール 250 mg
亜鉛 1.3 mg
葉酸 55 µg
たんぱく質 12.2 g
食物繊維 0.8 g
マグネシウム 16 mg
ビタミンA 447 µg
ビタミンB1 0.20 mg
ビタミンB12 1.1 µg
ナトリウム 276 mg
0.1 mg
脂質 12.1 g
カリウム 261 mg
1.3 mg
ビタミンD 5.9 µg
ビタミンB2 0.39 mg
ビタミンC 13 mg
リン 174 mg
ナイアシン 1.1 mg

レシピ番号:41239

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。