うなぎの卵とじ丼

449 kcal(1人分)|日本|20分以下

うなぎの卵とじ丼

movie

スタミナ食のうなぎは、夏だけでなく、一年中食べたいもの。甘辛い味で食が進む、栄養たっぷりの丼。

材料(2人分)

ご飯 300 g
うなぎ,かば焼 80 g
玉ねぎ 40 g
2 個
Aだし汁 160 g
A醤油 小さじ 2
A砂糖 小さじ 2
三つ葉 5 本
焼きのり 1 枚
一味唐辛子 少々

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. うなぎの卵とじ丼再生
    1

    うなぎのかば焼きは縦半分に切り、さらに1cm幅に切る。玉ねぎは繊維にそって5mm幅に切る。三つ葉は葉と軸に分け、葉は5mm幅、茎は2cm長さに切る。

  2. うなぎの卵とじ丼再生
    2

    焼きのりは適当な大きさにちぎる。小さめのフライパンにA、玉ねぎを入れて火にかける。玉ねぎに火が通りはじめたら、うなぎを入れる。

  3. うなぎの卵とじ丼再生
    3

    ひと煮立ちしたら卵を入れて軽くくずし、卵が半熟状になったら三つ葉を散らす。器にご飯をよそい、うなぎの卵とじ、焼きのりをのせ、一味唐辛子を振る。

ワンポイントアドバイス
うなぎは良質なたんぱく質、脂肪分、ビタミン、ミネラルを多く含み栄養価が高く、夏バテ予防に最適の食材。完全栄養食品といわれる卵とご飯とともにいただくスタミナ丼。

栄養価

エネルギー量 449 kcal
炭水化物 63.3 g
カルシウム 100 mg
食塩相当量 1.66 g
ビタミンE 2.8 mg
ビタミンB6 0.18 mg
コレステロール 277 mg
亜鉛 2.8 mg
葉酸 72 µg
たんぱく質 20.6 g
食物繊維 3.2 g
マグネシウム 37 mg
ビタミンA 747 µg
ビタミンB1 0.39 mg
ビタミンB12 2.6 µg
ナトリウム 653 mg
0.23 mg
脂質 14.1 g
カリウム 381 mg
1.7 mg
ビタミンD 9.5 µg
ビタミンB2 0.56 mg
ビタミンC 4 mg
リン 294 mg
ナイアシン 3 mg

レシピ番号:21103

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。