マンゴープリン

63 kcal(1人分)|西洋|20分以下

マンゴープリン

movie

香港のレストランでデザートとして供され、台湾、中国、日本などにも広まったアジアンスイーツ。中国茶と共にアジアンテイストなティータイムはいかがでしょう。マンゴーは栄養バランスも良く、特に良質のビタミンAを多く含んでおり、糖度が高い割にカロリーは控えめ。その他、βカロテンやビタミンC、葉酸なども豊富に含まれています。

材料(4人分)

Aマンゴー(ピューレ) 140 g
A牛乳 50 g
A生クリーム 大さじ 1/2強
B砂糖 20 g
B 70 ml
C粉ゼラチン 小さじ 1・1/3
C 大さじ 1
キルシュワッサー 小さじ 1弱
ミント 少々

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. マンゴープリン再生
    1

    Cの粉ゼラチンは分量の水に振り入れてふやかす。鍋にBの分量の水を沸かし、砂糖を入れて溶かし、火を止め、ふやかしたゼラチンを加えて溶かす。

  2. マンゴープリン再生
    2

    ボウルにAを混ぜ合わせ、1、キルシュワッサーを加えて混ぜ、器に流し入れる。荒熱を取って、冷蔵庫で冷やし固め、ミントを飾る。

栄養価

エネルギー量 63 kcal
炭水化物 11.6 g
カルシウム 20 mg
食塩相当量 0.02 g
ビタミンE 0.6 mg
ビタミンB6 0.05 mg
コレステロール 4 mg
亜鉛 0.1 mg
葉酸 30 µg
たんぱく質 1.5 g
食物繊維 0.5 g
マグネシウム 5 mg
ビタミンA 31 µg
ビタミンB1 0.02 mg
ビタミンB12 0 µg
ナトリウム 9 mg
0.03 mg
脂質 1.4 g
カリウム 81 mg
0.1 mg
ビタミンD 0 µg
ビタミンB2 0.04 mg
ビタミンC 7 mg
リン 17 mg
ナイアシン 0.2 mg

レシピ番号:09548

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。