芋豆豆

79 kcal(1人分)|日本|30分以下

芋豆豆

movie

蒸して甘味の増したさつま芋を裏ごし、材料を混ぜて茶巾に絞って作る、ヘルシーでお手軽な和菓子。さつま芋に豊富に含まれるビタミンCは加熱しても壊れにくく、また、食物繊維も多いので、便秘やお肌のトラブル解消にも役立ちます。

材料(6人分)

さつま芋 160 g
砂糖 大さじ 2・3/4強
スキムミルク 5 g
大さじ 1
0.20 g
金時豆,煮豆 24 粒
うぐいす豆,煮豆 6 粒

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. 芋豆豆再生
    1

    さつま芋は2cm厚さの輪切りにし、厚めに皮をむいて水にさらす。蒸気の上がった蒸し器でやわらかくなるまで蒸し、熱いうちに裏ごしする。

  2. 芋豆豆再生
    2

    1に砂糖、分量の湯で溶いたスキムミルク、塩を加えて混ぜ合わせ、6等分にして丸める。ラップの上に芋あんを置き、まわりに金時豆を置いて茶巾に絞り、上にうぐいす豆をのせる。

栄養価

エネルギー量 79 kcal
炭水化物 17.9 g
カルシウム 22 mg
食塩相当量 0.08 g
ビタミンE 0.4 mg
ビタミンB6 0.07 mg
コレステロール 0 mg
亜鉛 0.1 mg
葉酸 13 µg
たんぱく質 1.3 g
食物繊維 0.6 g
マグネシウム 7 mg
ビタミンA 1 µg
ビタミンB1 0.03 mg
ビタミンB12 0 µg
ナトリウム 32 mg
0.05 mg
脂質 0.2 g
カリウム 159 mg
0.4 mg
ビタミンD 0 µg
ビタミンB2 0.02 mg
ビタミンC 8 mg
リン 21 mg
ナイアシン 0.2 mg

レシピ番号:09368

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。