あさりの酒蒸し

21 kcal(1人分)|日本|20分以下

あさりの酒蒸し

movie

春になり、うま味成分が増えたあさりのおいしさを堪能できる一品です。あさりの塩味を活かして、少量の酒と水だけで蒸し上げるので、塩分もカロリーも控えめ。盛り付け後に散らす青ねぎが、磯の香りを引き立てます。あさりは、肝臓の働きを助けるタウリンや鉄分が豊富ですが、悪性貧血の予防に効果的なビタミンB12の貴重な供給源でもあり、5~6個で1日所要量の1/3を満たせます。煮汁には栄養とうま味の成分が溶け出しているので、残さず召し上がってください。

材料(2人分)

あさり(殻付き) 200 g
A 大さじ 1弱
A 大さじ 1・1/3
青ねぎ 4 g

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. あさりの酒蒸し再生
    1

    鍋にあさり、Aを入れ、ふたをして火にかける。青ねぎは小口切りにする。

  2. あさりの酒蒸し再生
    2

    あさりの口が開いたら、火を止める。器に盛りつけ、青ねぎを散らす。

栄養価

エネルギー量 21 kcal
炭水化物 0.7 g
カルシウム 28 mg
食塩相当量 0.89 g
ビタミンE 0.2 mg
ビタミンB6 0.02 mg
コレステロール 16 mg
亜鉛 0.4 mg
葉酸 6 µg
たんぱく質 2.4 g
食物繊維 0.1 g
マグネシウム 40 mg
ビタミンA 4 µg
ビタミンB1 0.01 mg
ビタミンB12 21 µg
ナトリウム 349 mg
0.02 mg
脂質 0.1 g
カリウム 61 mg
1.5 mg
ビタミンD 0 µg
ビタミンB2 0.06 mg
ビタミンC 1 mg
リン 35 mg
ナイアシン 0.6 mg

レシピ番号:08469

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。