野菜とがんもどきの煮物

149 kcal(1人分)|日本|40分以下

野菜とがんもどきの煮物

movie

今日は夏が旬の野菜を使って「基本の和食」を作ってみましょう。茄子に切込みを入れる「茶せん茄子」にもトライ。初心者は動画で確認してみましょう。がんもは調理前に油抜きをすると仕上がりがひと味違います。和食はそうした基本の技でおいしくできるんです。かぼちゃや茄子の一つ一つに、だしが沁みて美味。シンプルだけど食べると元気になれる、野菜とがんもの煮物です。

材料(2人分)

小茄子 40 g
かぼちゃ 80 g
ミニがんもどき 40 g
こんにゃく 50 g
さやいんげん 20 g
Aだし汁 1・1/2 カップ
A 大さじ 2・2/3
Aみりん 大さじ 2・1/5
A砂糖 大さじ 1強
A醤油 大さじ 1強

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. 野菜とがんもどきの煮物再生
    1

    茄子はヘタを取って縦に切り込みを入れ、茶せん茄子にする。かぼちゃはひと口大に切り、皮をところどころむく。

  2. 野菜とがんもどきの煮物再生
    2

    がんもどきは、熱湯にサッと通して油抜きをする。こんにゃくは熱湯でゆでて冷水にさらし、ひと口大にちぎる。

  3. 野菜とがんもどきの煮物再生
    3

    さやいんげんはヘタを取り、熱湯で色よくゆでて冷水にとり、水けをとって半分に切る。鍋にAのだし汁を沸かし、酒、みりん、砂糖、醤油を加えて混ぜ、かぼちゃ、こんにゃく、がんもどき、茄子を入れて煮込む。

  4. 野菜とがんもどきの煮物再生
    4

    野菜がやわらかくなったら火を止め、そのまま冷めるまでおいて、味をなじませる。器に具を盛り合わせ、さやいんげんを添え、煮汁をかける。

栄養価

エネルギー量 149 kcal
炭水化物 20.3 g
カルシウム 85 mg
食塩相当量 1.05 g
ビタミンE 2.6 mg
ビタミンB6 0.16 mg
コレステロール 0 mg
亜鉛 0.5 mg
葉酸 35 µg
たんぱく質 5.1 g
食物繊維 2.4 g
マグネシウム 44 mg
ビタミンA 139 µg
ビタミンB1 0.07 mg
ビタミンB12 0.3 µg
ナトリウム 415 mg
0.11 mg
脂質 3.7 g
カリウム 355 mg
1.3 mg
ビタミンD 0 µg
ビタミンB2 0.09 mg
ビタミンC 19 mg
リン 92 mg
ナイアシン 1.7 mg

レシピ番号:06102

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。