さんまの生姜煮

206 kcal(1人分)|日本|30分以下

さんまの生姜煮

movie

眠りを誘うホルモンとしてよく知られているメラトニンは、必須アミノ酸のトリプトファンから作られますので、トリプトファンを多く含む食品【魚(サンマ、マグロなど)・肉・大豆製品・乳製品など】を過不足なく摂取したいものです。生姜煮なら魚の臭みも和らぎ、魚が苦手な方にもお勧めの一品です。上手に献立に取り入れて下さい。

材料(2人分)

さんま(1尾170g) 1 尾
しょうが 10 g
A 3/4 カップ
A 大さじ 2
A醤油 小さじ 2
A砂糖 大さじ 1/2
白ねぎ(16cm長さ) 1 本
貝割れ菜 8 g

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. さんまの生姜煮再生
    1

    さんまは頭を落として内臓を取り除き、水洗いする。水けをふき取り、適当な大きさの筒状に切る。しょうがは2cmくらいの棒切りにする。

  2. さんまの生姜煮再生
    2

    白ねぎは4cm長さに切り、フッ素樹脂加工のフライパンで軽く焼きめがつく程度に焼く。貝割れ菜は根を落とし、半分の長さに切る。

  3. さんまの生姜煮再生
    3

    鍋にAを入れて火にかけ、煮立ったらしょうがを加え、さんまを重ならないように並べ入れ、落としぶたをして弱火で煮る。時々煮汁をかけ、最後に白ねぎを加えてサッと煮る。器に盛りつけて煮汁をかけ、貝割れ菜をあしらう。

栄養価

エネルギー量 206 kcal
炭水化物 4.1 g
カルシウム 25 mg
食塩相当量 0.78 g
ビタミンE 1.1 mg
ビタミンB6 0.36 mg
コレステロール 39 mg
亜鉛 0.5 mg
葉酸 24 µg
たんぱく質 11.2 g
食物繊維 0.6 g
マグネシウム 23 mg
ビタミンA 17 µg
ビタミンB1 0.02 mg
ビタミンB12 9.2 µg
ナトリウム 307 mg
0.08 mg
脂質 14.2 g
カリウム 178 mg
0.9 mg
ビタミンD 8.9 µg
ビタミンB2 0.19 mg
ビタミンC 4 mg
リン 116 mg
ナイアシン 4.6 mg

レシピ番号:01571

レシピ監修

本サイトのレシピは管理栄養士の監修のもと制作しています。
eヘルシーレシピ管理栄養士は女子栄養大学及び女子栄養大学クリニック所属管理栄養士などの管理栄養士で構成されています。
本サイトでは厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と
文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)をベースに独自の計算値で栄養素の摂取量を算出しております。