調理がつらい時に役立つ、
作り置きレシピ

乳がん治療中でも食事が楽しくなる、
保存が効いて、アレンジ多彩なおいしい作り置きレシピです。

調理がつらい時に役立つ、
作り置きレシピ

乳がん治療中でも食事が楽しくなる、保存が効いて、アレンジ多彩なおいしい作り置きレシピです。

総合監修

avatar1

昭和大学医学部 外科学講座 乳腺外科学部門 教授

中村 清吾先生

詳細を見る

レシピ監修

avatar2

管理栄養士

井出 杏海先生

photo1
体調が悪い、食べられない、
まずは担当医に相談を。
乳がん治療中でも、食事の制限は少ないですが、体力を維持し、術後の感染を防ぐためには、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどバランスの良い食事をとることが基本です。とはいえ、治療の影響で、これまでどおりの食事がとれなくなることもあります。体調が悪くて食べられない時は無理して食べようとせず、まずは担当医に相談してみましょう。抗がん剤の副作用などで吐き気がある時は吐き気止めを服用したり、少しずつ何回かに分けて食べたりといった工夫も大切です。
手軽で保存の効く簡単作り置き、
つらい時は簡単アレンジでおいしく食べやすく。
乳がんの治療中は、体のだるさや腕のしびれなどにより調理がしづらくなったり、味覚や嗅覚が変化して料理の味つけができなくなることがあります。そんな時は、今はお休みする時だとわりきって、がんばりすぎないこと。調理もシンプルで大丈夫。家事の負担を減らし、体を休めるためにも、体調のよい時に簡単作り置き。つらい時は、食べやすく、体にやさしいアレンジレシピを活用してください。
photo2

15分以内で作れて
簡単・手間いらず!

その日の体調や気分に合わせて、多彩なアレンジができる作り置きレシピ

レシピ1

彩り野菜の肉そぼろ
調理時間15分
お肉と野菜をバランスよくとることができ、手軽に作れてアレンジしやすくとっても便利。にんにくとしょうがを加えてメリハリのある味つけにしているので、味覚が鈍っている時にもおいしくいただけます。多めに作って冷凍保存も可能 !
know__photo-1

作り方

num1
パプリカは1cm角、玉ねぎ、にんにく、しょうがはみじん切りにする(にんにくの香りが気になる時は使わなくても問題ありません)。
num2
フライパンにサラダ油をひき、ひき肉を炒める。焼き色がついて肉の脂が出てくるまで炒めたらフライパンの端に寄せ、あいたところで①を炒める。
num3
パプリカに火が通ったら全体を混ぜ、弱火にして合わせておいたAを入れる。汁けが少なくなったらお皿に盛りつける。
point_1
パプリカの代わりにピーマンを使ってもおいしく仕上がります。
point_2
冷凍庫で2〜3週間(目安)程度保存が可能です。
材料(4人分)
1人分 233kcal 食塩相当量 1.4g
豚ひき肉 300g
赤パプリカ 1/2個
黄パプリカ 1/2個
玉ねぎ 80g
にんにく 1片
しょうが 1片
サラダ油 小さじ1
万能ねぎ 適宜
A
醤油 大さじ1と1/2
大さじ1
みりん 大さじ1
オイスターソース 小さじ2
砂糖 大さじ1/2
米酢 小さじ1/2
\ 彩り野菜の肉そぼろを使ったアレンジレシピ /
chat1
すぐに作れて野菜がしっかりとれる
「肉そぼろサラダ」
know_recipeimg1
材料(2人分)
1人分 127kcal 食塩相当量 0.7g
レシピ1の肉そぼろ 1/4量
レタス 6枚
マヨネーズ 適宜
レモン果汁 適宜
作り方
numb1_sm
レタスは冷水に放ち、パリッとしたら水から上げてペーパーでふく。食べやすい大きさにちぎる。
numb2_sm
器に①を盛り、肉そぼろをのせる。お好みでマヨネーズまたはレモンをかける。(調理時間5分)
chat1
一皿で手軽にしっかり食べられる
食欲がわく「キーマカレー」
know_recipeimg2
材料(2人分)
1人分 571kcal 食塩相当量 2.5g
レシピ1の肉そぼろ 1/2量
玉ねぎ 80g
200ml
カレールー 20g(1片)
カレー粉 小さじ1/2
サラダ油 小さじ1
ご飯 300g
作り方
numb1_sm
玉ねぎはみじん切りにする。フライパンにサラダ油を入れ、弱火で玉ねぎを炒める。ほんのり色づいて玉ねぎの量が減ってきたら肉そぼろとカレー粉を入れてサッと炒め合わせる。
numb2_sm
水を入れて沸騰したらルーを入れる。弱火で5分煮込む。(調理時間10分)

レシピ2

いわしのトマト煮込み
調理時間15分
敬遠しがちな魚料理も手軽に本格的な料理になります。一度焼いてから煮ることでいわしの臭みもなく、いわしとトマトの相性も絶妙。不足しがちな野菜とキノコ類を加えて、栄養満点の一品です。
know__photo-2

作り方

num1
いわしは半量の塩とこしょうを振って小麦粉を振る。フライパンにオリーブオイルをひいて中強火にし皮面から焼く。香ばしい色がつきカリッとしたら裏返し、弱火にする。2分ほど焼いたら皿に取り出す。
num2
フライパンを軽くペーパーでふき、マッシュルームを炒めて端に寄せる。フライパンのあいたところに玉ねぎ、にんじん、にんにくを加えて炒める。白ワインを加えてアルコールをとばす(にんにくの香りが気になる時は使わなくても問題ありません)。
num3
トマト水煮缶、砂糖、残りの塩(小さじ1/4が目安)、手でちぎったバジルを加えて5分ほど煮る。いわしの皮面を上にして入れて2分ほど煮たらいわしの上下を返し火を止める。
point_1
いわしに限らず季節ごとに旬の青魚を使ってもおいしくいただけます。
point_2
冷蔵庫で3日、冷凍庫で3週間(目安)程度保存が可能です。
材料(4人分)
1人分 226kcal 食塩相当量 0.9g
いわし(三枚おろし) 8尾分
マッシュルーム(縦に四つ割り) 10個
玉ねぎ(みじん切り) 1/2個
にんじん(せん切り) 50g
にんにく(みじん切り) 2片
バジル 2枚
トマト水煮缶 1缶(400g)
オリーブオイル 大さじ1
白ワイン 大さじ2
砂糖 大さじ1
小麦粉 大さじ1と1/2
小さじ1/2
こしょう 少々
レモン 適宜
\ いわしのトマト煮込みを使ったアレンジレシピ /
chat1
ゆでたパスタに混ぜるだけ
栄養豊富な「いわしのトマトパスタ」
know_recipeimg1
材料(2人分)
1人分 566kcal 食塩相当量 1.7g
レシピ2のいわしのトマト煮込み 1/2量
スパゲッティ 160g
オリーブオイル 小さじ2
粉チーズ 適宜
パセリ 適宜
作り方
numb1_sm
大きめの鍋に1Lの水と塩小さじ2(分量外)を入れ、沸騰したらスパゲッティを表示より2分早くゆで上げる。
numb2_sm
フライパンにいわしのトマト煮込みとスパゲッティのゆで汁をお玉1杯ほど入れて温め、湯きりしたスパゲッティを加えて混ぜ合わせる。オリーブオイルを回しかける。
numb3_sm
皿に盛りつけ、お好みで粉チーズとパセリをちらす。(調理時間7分)
chat1
食べられる時に食べたい量だけ
軽くつまめる「ブルスケッタ」
know_recipeimg2
材料(2人分)
1人分 253kcal 食塩相当量 1.3g
レシピ2のいわしのトマト煮込み 1/4量
フランスパン 4切れ
ブラックオリーブ 適宜
ケッパー 適宜
作り方
numb1_sm
フランスパンにいわしのトマト煮込みをのせる。お好みでブラックオリーブやケッパーをのせる。(調理時間2分)
avatar7

総合監修

中村 清吾先生

昭和大学医学部 外科学講座 乳腺外科学部門 教授

1982年3月
千葉大学医学部卒業
1982年4月
聖路加国際病院外科レジデント
1993年2月
同病院情報システム室室長兼任
1997年
M.D. Anderson Cancer Centerほかにて研修
2005年6月
聖路加国際病院ブレストセンター長(初代)
乳腺外科部長
2006年4月
聖路加看護大学 臨床教授兼務
2010年6月
昭和大学医学部 外科学講座 乳腺外科学部門 教授
昭和大学病院ブレストセンター長
2014年4月
昭和大学薬学部病院薬剤学兼担講師
徳島大学客員教授
2016年2月
天津医科大学客員教授