e食材辞典

掲載数は762!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

穀類

ライスペーパー

ライスペーパー

この食材のレシピ

外国語名 rice paper (英)、bánh tráng (ベトナム)
由来 米を用いたシート状の食品を意味するライスペーパー(英語)から。
歴史背景 ベトナムやタイで古くから作られてきた。
時期 通年。
国内分布 ベトナム、タイ など
特徴 米に水を加えて砕き、乳液状にしてから蒸気の出ている薄い布の上に広げて糊化させ、薄いシート状にした後、乾燥させたもの。もしくは、液を鉄板で焼いて乾燥させたもの。食感を改良するために米粉液にデンプンを加えることもある。主にベトナム料理やタイ料理で用いられる。使うときは水を含ませて柔らかく戻し、様々な具材を包んで春巻き状にしたり、油で揚げたりする。
下処理 水またはぬるま湯(40℃程度)にさっとつけてしんなりする程度に戻してから使う。1枚ずつ戻し、戻したものは重ねるとくっつくので重ねて置かないようにする。また、水を含ませたクッキングペーパーではさんで戻す方法や霧吹きで水を吹きかける方法もある。
料理名 生春巻、揚げ春巻、蒸し春巻、ピザの台、サラダのトッピング(揚げる) など
保存方法 乾燥品であるため、湿気を避けて、密閉容器に入れ冷暗所で保存する。
栄養 炭水化物が主成分。ナトリウム、モリブデンなどを含む。カロリーは小麦粉で作る春巻きの皮と比べるとやや低い。